佳日そろばん教室|久我山・京王井の頭線 富士見ヶ丘駅より徒歩1分
未分類

It’s never too late.

こんばんは、よしろうです。

きのうTwitterを見ていたら、とても良い画像、うなる格言を見つけました。

正直、ぼくは格言系あまり好きではありません。意識高い系(=高い理想を掲げ人前でアツく語るものの、じっさい大したことしていない系)みたいですからね。。。

ただこの「Be passionate」と「It’s never too late」は刺さりました。




Be Passionate:「情熱的になれ!!! 」

サラリーマン生活で身にしみましたが、情熱なく生きていくのはつらいです。(※個人差があります)

すくなくとも

・好きで好きでしょうがないものがある

・夢中になれるものがある

こういったものをもっているときの方が、人生たのしいことは自明ではないでしょうか。

ぼくの論理としてはこうです。

「情熱的になる」→「今よりもたのしい時間が増える」→「今よりも幸せ」

といっても、情熱的になれるものがない!という方も多いのではないでしょうか?その見つけ方は・・・ながくなるのでまた別記事で!笑

It’s never too late:「遅すぎるなんてことは決してない! 」 

これはぼくがやりたいことを見つけたとき、じぶんに投げかけてあげる言葉です。

 

はじめてこのことばに出会ったのは忘れもしない、ロビンソンクルーソー《下》。

主人公は無人島に漂着。ひとりで生きていかなくてはいけないことになったため、知恵をしぼり、そして行動していくストーリー。

そのなかで「学ぶのに遅すぎることはない」というフレーズが出てきます。印象的すぎて今でもおぼえています。

人間はみな、安定したいという習性があり、 《心のホメオスタシス》などと言ったりします。

「失敗したくない」「才能がないと気づきたくない」= 不安や絶望したくない ⇨ 心のホメオスタシスがはたらく ⇨ 挑戦しない

よくある流れだとおもいますが、そのときにもう一度じぶんの心に問いかけてみましょう。

「でも本当はやってみたいんじゃないの?」と。

そしてそのあとにIt’s never too late… 
It’s never too late to start!
と付けくわえてあげましょう。きっと人生が今よりも楽しくなります!^^

日本は世間体にがんじがらめの国ですからね・・・。じぶんの心くらいは解放してあげて、毎日を佳日にしましょう。

ではでは! 

ABOUT ME
よしろー
髙橋佳朗(たかはし・よしろう) 佳日株式会社 代表取締役社長。 高専中退。ソフトバンクに新卒入社、2年弱法人営業を務めるものの「もっと近いところで人の才能に触れたい」と、佳日そろばん教室/かけっこ教室を開業する。 理念は【自立した個人をつくる】。 そろばんは小1で始め、中1で十段、中3で日本一獲得。 陸上競技のベストは、100m 10"83/走高跳 2m03cm。

入会費無料!オンラインそろばん学習

そろばん通信教育システム
「おおぞらパス」

ご自宅でも、教室とおなじテキスト・指導法をじぶんのペースで学べます。