佳日そろばん教室|久我山・京王井の頭線 富士見ヶ丘駅より徒歩1分
未分類

「承認欲求が邪魔過ぎる。」〜超一流への一歩〜

こんにちは、よしろうです。

陸上競技でライバルだった、いや、今もライバルの彼がポツリと吐いたツイート。 

これはけっこう唸りました。

ぼくの中の「暗黙知(=言葉として認識できているわけじゃないけど、経験などでばく然ともっているもの」が「形式知=(言葉をはじめ記号などで表現できるもの」になったからです。






 
まず「承認欲求がジャマ」と言う時点で、世間的に優秀なのがわかります。

だって承認される味を知っているわけですから。

そしてわかることがもうふたつ

一般的な人に比べて①理想が高く、②それに見合う向上心があるということ。 

承認欲求はホントに厄介、、、、
 

そこそこ満足できるんですよね。なんとなく、じぶんではイヤだと思っていることでも、まわりがチヤホヤしてくれるとけっこう我慢できちゃう。

承認欲求があればじぶんの人生に70点〜85点くらい、つけられちゃうんじゃないですかね? 

身のまわりにもそこそこいません?小中高大そこそこお勉強ができて、そこそこエリートコースに乗り、そこそこ良い一流企業に行き、そこそこ苦難に会いながらも、そこそこの成績で成長し、そこそこ(略
 

いや、もちろん、非難するつもりはありません。「エリートコースに乗ることが幸せ!」や「まわりから承認されるのが私の幸せの本質!」の方が多いことも知っていますので^^

ただほとんどのばあい、じぶんの理想を考えたとき『じぶんがもっとも欲しているもの、その本質』は、「ふつうのエリートコース」に乗ったままだと叶えられないんですよ。

たとえば100m 9秒台

たとえば完全に自由な生活

たとえば30歳までに総資産○億、○兆

たとえば待機児童に困っているひとたちのために保育園つくりたい

たとえば仕事も家庭も両立させたい女性のために、子どもを預かることができる習いごと施設つくりたい

たとえば地域住民の学力底上げのために、たのしい図書館つくりたい

たとえば高齢者がたのしく仕事をできるようなビジネスモデルをつくりたい

などなど。

『じぶんがもっとも欲しているもの、その本質』を真剣に追うには、いちど承認欲求を0にしなければならない。

だって社会の「常識」に乗って達成できるなら、本来その問題は解決されてるわけですから。

「いま80点のところにいるけど、このやり方ではどうがんばっても100点以上に達しない」と思ったときに、その80点を捨てられるか。90点を捨てられるか。もう一度0からやりなおす勇気があるか。

ここらへんの極端なTry and Errorが積みかさなることで、濃密な経験・個性となり、他と隔絶した超一流になっていくのだと思ってます。

ちなみになんだかんだ、レールから外れることもそれなりに承認欲求満たされますよ笑

みんな外れたいんです、ホントは。きっと、心のどこかで。

さいごに。向上心がある方、夢を追う決断をした方、また悩んでいる方へ。

声を大にして言いましょう。

最高の人生の反対は、最低・最悪の人生ではない。

そこそこの人生である

成功すれば、みんなかんたんに手のひらクルーッ!としますから^^

いっしょに、じぶんの理想と承認欲求もぜんぶ手に入れましょう。 

一歩踏みきる助けとなれば幸いです。

ではでは! 

ABOUT ME
よしろー
髙橋佳朗(たかはし・よしろう) 佳日株式会社 代表取締役社長。 高専中退。ソフトバンクに新卒入社、2年弱法人営業を務めるものの「もっと近いところで人の才能に触れたい」と、佳日そろばん教室/かけっこ教室を開業する。 理念は【自立した個人をつくる】。 そろばんは小1で始め、中1で十段、中3で日本一獲得。 陸上競技のベストは、100m 10"83/走高跳 2m03cm。

入会費無料!オンラインそろばん学習

そろばん通信教育システム
「おおぞらパス」

ご自宅でも、教室とおなじテキスト・指導法をじぶんのペースで学べます。