佳日そろばん教室|久我山・京王井の頭線 富士見ヶ丘駅より徒歩1分
未分類

『楽しさ』と『喜び』の違い考察〜大学記録更新されてもーた〜

こんばんは、よしろうです。

超えられちゃいました・・・orz

うーん、、、、くやしい!ざんねん!

でもすごい。ほんとうに村上おめでとう!

ぼくは『過去の実績アピール』はしても『過去の栄光にしがみつく』ことは絶対にしません。後者とか最高にダサすぎますしね。。。
(※この違いはまた後日、別記事で)

そして今日の哲学・核ツイート

最近のぼくはこんな感じ。完全なストレスフリー。しばられるものもないから最高にクリエイティブな発想ができるし、最高に『楽しい』毎日。。。。




ふう、ここからちょっとマジメモードに。

ぼくは完全なシングルタスクの人間だ。ひとつでもイヤなことがあれば、そのマイナスなメンタルが他にも影響してしまう

ただ一方で、ハマればそれは最高の好循環。大きな流れとなって最高の結果を生みだす。

だからまずストレスを溜めない『楽しい』生活を得るのは必須。ここまではいい。


ただこれは学生時代、当然だったものだ。

いまのぼくに何がたりないか。

それは『喜び』。

しかも焼き切れるような喜び』ただ一つ。

大学の部活では、血ヘド吐くような修練の果てに自己ベストがあり、そしてその自己ベストには『焼き切れるような喜び』があった。

さて、

ぼくは0から起業して3ヶ月で黒字化させた。これは間違いなく誇れることだ。ぼくはもちろん『喜ん』だ。

だがその『喜び』は人生最高と言えたか?

あのときの自己ベストを超えたか?


そこに『焼き切れるような喜び』はあったか?

こたえはNO。なぜ?「既にできる『楽しい』こと」を気のおもむくままやっていただけだからだ。

あの0.01秒を絞りだそうという気概がなかった。大好き、かつ劇薬のようなストレスがなかった。

いままでの認識をあらためよう。ストレスすべてが悪なのではない。

「受けるストレスを選べ」ということなのだ。

至高の喜びを得るためには。

そして中学からの盟友・三浦によるアツいご指摘で、もう一歩経営哲学が前進。

現役で部活をやってる学生たちへ。

断言しましょう。

「あなた方の95%は今が人生のピークだ。」

世の社会人の95%以上はストレスフルだし、おなじ情熱をもった仲間なんていないし、そもそも情熱すらない。

だから

今を全力でね。

今最高の環境にいることを忘れないで、部活にとりくんでください。心より応援しています。

はーっ、まったく、キプチョゲさんは「人類の限界」を進めようとしているというのに、よしろうはなんと小さい・・・

至高の喜びを得るためには、凄絶たるストレスが不可欠】であることに、今さら気づくなんて。。。

さいごに。

モットーとして『人生における、よしろうのピークはつねに今』だ。

ただ今回で気づいてしまった。まだ、ぼくのピークは2013年11月2日の10″83で走ったその瞬間のようだ。

「じゃあ過去にしがみついてるの?」

もちろん違う

必ず超えるし、その後は毎日ピークを更新しつづける。

『起業3ヶ月黒字化』でかなり近づいたことは間違いない。

つぎ。つぎだ。


至高の喜び
という果実を求めて、また明日から佳日をつくっていきます。

ではでは!

ABOUT ME
よしろー
髙橋佳朗(たかはし・よしろう) 佳日株式会社 代表取締役社長。 高専中退。ソフトバンクに新卒入社、2年弱法人営業を務めるものの「もっと近いところで人の才能に触れたい」と、佳日そろばん教室/かけっこ教室を開業する。 理念は【自立した個人をつくる】。 そろばんは小1で始め、中1で十段、中3で日本一獲得。 陸上競技のベストは、100m 10"83/走高跳 2m03cm。

入会費無料!オンラインそろばん学習

そろばん通信教育システム
「おおぞらパス」

ご自宅でも、教室とおなじテキスト・指導法をじぶんのペースで学べます。