佳日そろばん教室|久我山・京王井の頭線 富士見ヶ丘駅/JR 武蔵境駅より、それぞれ徒歩1分
そろばんデータポータル

そろばんデータポータル 上達のための活用方法をご提案します

そろばんデータポータル_活用方法


お子様からレポートを渡された保護者のみなさまは、

  • そろばんのことはよくわからないし…
  • どこを見たらいいの?
  • 子どもにどう声をかければいいの?


このように思われる方が多いかと思います。

この記事では、保護者のみなさまに向けて、そろばんデータポータルの活用方法特にお子様とのやりとりについて解説していきます。


そろばんデータポータルそのものについては、以下の記事からご覧ください。

レポートの内容をおさらい

そろばんデータポータルのレポートには、以下のような内容が載っています。

1枚目(紙で配付、オンラインでも確認可)

  • 1か月に解いたプリントの点数
  • よくできた問題パターン/ニガテな問題パターン
  • 過去4か月の平均点の推移
  • 教室からのコメント

2〜4枚目(オンラインでのみ確認可)

  • 各種目のスピード正答率
  • 問題パターンごとの題数、正答数、正答率
  • 間違い方パターンごとの誤答数(推察)
  • ニガテな問題パターンの例題


プリントの点数だけでなく、一問一問ずつ詳細に解析したデータをもとに、実力向上のために必要な数値を表示します。

また、数値データだけでなく、教室での様子もコメントに含めていますので、そろばんのことはよくわからないという保護者のみなさまでも、お子様の普段の様子を把握することができます。

そろばんデータポータルのレポート内容の詳細については、以下の記事からご覧ください。

最初に「やらないこと」

活用方法をお伝えする前に、まず「やらないこと」をお伝えします。

それは、出来が悪かったところから話題にすることです。

たとえば、お子様が持って帰ってきた学校のテストが90点だったとき、次は100点を取ってほしい気持ちから、「どこを間違えたの?」という声かけから始めてしまうことはないでしょうか。

子どもとしては、できた90点の方をもっと見てよ、という気持ちになっているかもしれません。

このようなすれ違いがあると、お子様が勉強のモチベーションを上げるのは難しいでしょう。

そろばんデータポータルの目的は、より早く、より確実にお子様のそろばんの実力を伸ばしていくことです。

そのためには、解析データから見えてくる弱点を克服する必要がありますが、その前に、そろばんに対するモチベーションを高めることも、それ以上に必要なことです。

初めにマイナスポイントから伝えてしまうと、できたところをほめてモチベーションを高めるタイミングを失ってしまいます

  1. まず、できたところをほめる
  2. 次に、今の弱点についての気づきを得る
  3. その後、弱点を克服するために練習する
  4. 練習の結果を確認する → 1にもどる

このサイクル、ぜひ意識してみていただければと思います!

そろばんデータポータルは、かじつオリジナルの仕組みですので、このサイクルの中で最大限活用できるように工夫されています

ここからは、具体的なオススメの活用方法についてご説明していきます。

オススメの活用方法(ほめる)

コメントを活用する

コメント欄の文章、実は3つに分かれています

この内容は、先ほどのほめる→気づく→練習する、のサイクルに合わせたものです。

最初の「ほめゾーン」には、解析データから見えるほめポイントだけでなく、教室での様子なども含めて、そろばんの練習に取り組む姿勢全体について、良いところをコメントしています。

まずは、この内容をお子様に伝えてあげてみてください。
保護者のみなさまが見たことのない、教室での姿があるかもしれません。

点数の上がった種目をほめる

レポートには、1か月間のプリントの点数がすべて載っています。

また、過去4か月間の平均点の推移も、グラフで示されています。

周りよりも進みが遅かったり、合格ラインに届いていなかったりしても、
本人の中で成長しているところがどこかにあるはずです。

一回の点数だけではなく、成長をほめられることで、「また成長したい」というモチベーションにつながるはずです。

種目間で比較してほめる

新しい内容を練習している種目(特にかけざんわりざん)は、なかなか点数につながらないこともあります。

一部の種目の点数が伸びないからといって、そろばん全体に対するモチベーションが下がってしまうのは、もったいないことです。

レポートの1枚目では、かけ・わり・みとりの点数がグラフで表示されていますので、
どの種目が比較的高いかや、点数が落ちていないかをひと目で把握することができます。

点数が落ちないということは、当たり前のことではなく、これまで練習を積み重ねた成果です。
「この種目はできているね」とあらためて伝えてあげることも、大事なことではないでしょうか。

スピード、正答率を個別にほめる

レポートの2枚目以降には、各種目のスピード、正答率の情報が載っています。

スピードとはどれだけ速く計算できたか、正答率とはどれだけ正確に計算できたかをあらわす指標ですが、
どちらかだけに偏っても、良い点数にはなりません。

ですが、もしどちらかに偏っているのなら課題は明確であり、今後の練習方針は立てやすく、成長につながりやすい、ということになります。

そのためにも、まずは「スピードは問題ないんだね」「正確に計算できているね」と、できているところを伝えてほしいと思います。

問題パターン、間違い方パターン間で比較してほめる

そろばんデータポータルで数値化しているのは、各種目の点数だけではありません。

問題の特徴をパターン化して、そのパターンごとの回答数、正答数を記録しています。

また、間違えた問題は、どのように間違えたかの原因を推察して、これも間違い方のパターンとして記録しています。

このデータは、レポートの2枚目以降で確認することができます。

少し高度なほめ方になりますが、どんなパターンの問題は良くできたのかどういう間違い方を「しなかった」のか、という観点でほめることもできます。

1枚のプリント、一問一問の内容を見るだけでは、偶然性が高く、そこから練習方針まで立てることはむずかしいですが、

一定期間のデータを積み重ねて、傾向として把握しているため、生徒一人ひとりに的確なコメントができるのです。

オススメの活用方法(気づき)

ただ点数が低い・上がらないことだけを指摘しても、お子様のモチベーションは高まりません。
「自分はそろばんをがんばっている」と思っている子ならなおさらです

レポートをじょうずに活用して、お子様が練習に向かうサポートをしていただけると大変うれしいです。

コメントを活用する

くり返しですが、レポートの1枚目にあるコメントは、以下の内容になっています。

「ほめる」のときと同じですが、「気づき」こそ特に、コメントを活用していただきたいです

親から子へマイナスのことを伝えて、親子の関係が対立的・主従的になってしまうのは好ましくありません。

コメントの2段目には現状で足りていないところ(のびしろ)、3段目にはこれを踏まえた今度の指導方針を記載しています。

「先生が言っている」という言い方をしていただいて全く構いませんので、この内容をそのままお子様に読んであげてみてください。

ニガテな問題パターンを知る

コメントは、スペースの都合もあり、のびしろの一部しか記載できていません。

その他ののびしろは、レポートの2枚目以降の問題パターンごとの正答率間違い方のパターン(推察)で確認することができます。

「かけざんの点数が取れない」とひと口に言っても、その原因はさまざまです。
その原因を、詳細なレポートから客観的に把握できるようになっています。

お子様の練習結果を見て、冷静に伝えて励ましてあげることは、保護者のみなさまができる大きなサポートだと考えます。

2020年12月以降は、ニガテとするパターンの問題を集めた対策プリントを、レポートと一緒にお渡しします。

おけいこの時間に対策プリントを解いたり、宿題として持ち帰ることができるようにもしますので、こちらもご活用ください。

期間設定を変えてみる

オンライン版レポートの良いところは、保護者のみなさまご自身でデータを再集計できるところです。

そろばんデータポータルでは、集計するデータの期間を自由に設定できるようになっています。

初期表示は先月1か月分のデータが表示されていますが、この期間を設定することで、過去のデータも表示することができます。

特に、なかなか検定に合格できず、足踏みしてしまっている場合、過去のデータも見てみて、何が良くなり、何が良くなっていないのか、分析してみることをオススメします。

少し高度な分析になりますが、そろばんのスキルが無くてもできる分析ですので、いろいろ試してみてください!

お子様の成長のために、フル活用を

そろばんデータポータルは、お子様の実力をより早く、より確実に伸ばすことを目的に作られたものです

さまざまな数字が並ぶことで、できていないところを責めたくなってしまいがちですが、そこをグッとおさえて、
お子様の成長を促すイメージで、レポートをご覧いただいたり、お子様にお声がけいただけますと幸いです。

子どもが親の言うことを聞かない!」ということでしたら、教室から指導しますので、遠慮なくお伝えください

また、レポートの内容についての質問、上達のためのご相談などは、LINEにて随時受け付けていますので、お気軽にご連絡ください。

ご紹介した方法以外にも、みなさまご自身でいろいろな見方を試していただくなど、そろばんデータポータルをフル活用していただけたら幸いです。

入会費無料!オンラインそろばん学習

そろばん通信教育システム
「おおぞらパス」

ご自宅でも、教室とおなじテキスト・指導法をじぶんのペースで学べます。